審査が不安なブラックでも借りれる裏ワザ

過去に自己破産や債務整理した人は、消費者金融でももう借りれないんじゃないかと不安があると思います。延滞中なら不安を通り越してしまっているでしょう。延滞してしまってブラックになっていても、総量規制で借りれない方でもお金は借りれます!

今どの消費者金融に申し込んでも審査に通らないという悲しい思いをしているのではないでしょうか。

短期間に申込み過ぎて申込みブラックになってはいませんか?
ここにたどり着いた方、あきらめないで下さい!せっかくこのサイトにたどり着いたのですから、借りれるところや借りれる裏ワザを見つけ出しましょう。

どうしても3万円でも良いからという場合は、どんなブラックでも絶対借りれる裏ワザを先に読んで下さい。

絶対借りれる裏ワザどんなブラックでも絶対借りれる裏ワザ

延滞や自己破産や債務整理でのブラックの方は、読み進めてみて下さい。


ブラックでも消費者金融で借りれる裏ワザ

ブラックでも消費者金融で借りれる裏ワザでは、ブラックの内容別で読んでもらうと分かりやすいと思います。読み進めるか、該当する目次から選んでください。ブラックリスト入りした人でも救いの手を差し伸べてくれる消費者金融が実はたくさんあります。

総量規制とは多重債務者を無くす目的の為、2010年6月18日に貸金業法改正の柱として導入されました。

総量規制以上に借りれる裏ワザ

総量規制というのは、消費者金融などの貸金業法でのことですので、銀行のカードローンやおまとめローンについては、貸金業法ではなく、銀行法に基づく融資となるので、総量規制にある総収入の3分の1ということを気にする必要がないのです。


総量規制になるくらいまで、消費者金融で借入したとしても、銀行に行って申込を行えば、銀行で借入することができるのですが、現在は自主規制していると言う事もあって、裏ワザな借り方しかなくなりつつあります。

しかし殆どのクレジットカードにはキャッシング枠というものが付いていて、このキャッシング枠の分は借りていなくても、消費者金融は借りているとみなして総量規制に対する計算をして審査します。

クレジットカードの場合、総量規制で規制されているのはキャッシング枠だけでなく、リボルビング払いの残高もです。

クレジットカード会社がキャッシング枠を設ける場合、消費者金融の借入れを計算してキャッシング枠の設定をするのです。

総量規制の2倍借りれる2倍以上総量規制オーバーの借入れをする裏ワザ

総量規制は貸金業法の中の法律の為、適用されるのは貸金業者のみとなりますが、簡単に言えば銀行以外のノンバンクはすべて貸金業者に該当することから消費者金融・信販会社・クレジットカードのキャッシングすべて年収の3分の1以上の貸付は法律で禁止されることとなりました。

総量規制の除外 除外については住宅ローンや自動車ローンなど契約すること自体で1/3を超えているものに対しての規定で、例外については顧客に一方的に有利となる有利借り換え、段階的に債務を減らす借り換え、緊急の医療費などの緊急性の融資、専業主婦の為の配偶者と併せた年収の3分の1以下の貸付、そして個人事業者に対する貸付など、ほとんどは通常に借り入れを行う際、利用できないものばかりです(段階的に債務を減らす借り換え。これは借り換えが条件になってきます)

ブラックリストでも作れるクレジットカードブラックリストでも総量規制に関係なく持てるクレジットカードとは?

申込みブラックでも借りれる消費者金融

申込みブラックとは、短期間のうちに、いくつもの消費者金融に申し込んでしまうと、借入れ件数、総量規制、属性等に関係なく審査が通らなくなる【申し込みブラック】というブラック扱いになってしまいます。


一昔前はインターネットでの申し込みより、店舗に出向いて(訪問して)審査を受けていたことから【訪問ブラック】と言われていました。

申し込みブラックでも借りれる申込みブラックでも借りれる消費者金融6社

申し込みブラックにならない裏ワザ

申込みブラックにならないためには申し込みブラックになる前に、自分の条件に合う消費者金融や銀行カードローンをある程度絞り込んで申し込めば、申し込みブラックになる可能性が低くなります。

ブラックでも借りれる確率の高い日に借りる裏ワザ

申し込みブラックにならない方法はあるのかというご質問についても書きました。

申込みブラックが審査に落ちないための3つの方法とは?

自己破産や任意整理していても借りれる消費者金融

昔は自己破産や任意整理をしたら何処にもかりれなくなっていましたが、現在では自己破産した人には借金が無いから貸そうと審査基準を変えた消費者金融やクレジットカード会社が増えて来ました。ヤミ金しか貸さなかった時代は終わったのです。

自己破産ブラックブラックでも借りれる消費者金融リスト
消費者金融や銀行の本音

どうせ払えないなら任意整理や夜逃げより自己破産して欲しいと思っています。なぜなら、税金で損金処理されるため、全額回収したのと同じなのです。任意整理であれば、損金処理できませんし、延滞は損金処理してから入金があると大変複雑になるからです。

自己破産や任意整理したらやるべきこと

特に自己破産して免責が確定したら、成約残しと言われる、まだ破産申立て中の状態で個人信用情報に異動記録が残っている場合がありますので、必ずCIC・JICC・JBAといった個人信用情報機関で履歴を取得して、自分の情報がどうなっているかを確認すべきです。

個人信用情報機関への開示請求CIC・JICC・JBA個人信用情報の開示手続き方法

免責確定がまだの場合の裏ワザ

免責確定前にお金を借りたいと思っているのは、自己破産の申し立てを弁護士や司法書士に頼んだ方に多いです。弁護士や司法書士に分割払いの契約をして、分割払いが完済されるまで、免責を遅らせるまたは自己破産の申し立てすらしない弁護士や司法書士も存在します。本当は、弁護士費用も破産債権なので、債権者一覧表に入れなければいけないのですが、まさかそんなことをしてくれる弁護士や司法書士はいません。

あきらめてください。免責前に借金をすれば、あなたが自己破産後の免責を受けられなく場合があります。貸金業者も馬鹿じゃありません。免責確定までは、破産債権一覧表に入れ込む可能性があるので、貸しません。免責決定まで待ちましょう。免責が確定していれば、貸してくれる消費者金融はあります。

絶対借りれる裏ワザどんなブラックでも絶対借りれる裏ワザ

延滞中でも借りれる裏ワザ

「延滞」は消費者金融会社から一番嫌われます。
なぜ延滞情報があると審査に通らないのかというと、自分の所で借りて他の所に返済すると思われるからです。破産・民事再生・債務整理・調停申立をした方でも審査が通りやすい消費者金融会社はありますが、現在、他社で延滞中の方に融資をする正規登録の貸金業者は、まず無いと思われます。


また消費者金融の支払いを3ヶ月以上滞納した場合は、信用情報に「延滞」という事故情報が登録されます。その後、返済して延滞解消しても、信用情報には「延滞解消」という情報が1年間は登録されます。それまでの利息以上の入金をしなければ、延滞解消はしません。残念ながら延滞ブラックになってしまったら、名前を変えるなどしない限りすぐに借りることは難しいでしょう。

延滞中の超ブラックでも借りれる超ブラックでも10万円まで借りれる裏ワザ

ブラックの年金受給者でも借りれるところ

障害年金・老齢年金・老齢基礎年金・障害年金・遺族年金受給者なら、年金受取口座のある銀行で250万円まで絶対借りれます。

例え自己破産していようが、債務整理していようが、借金を延滞していようが借りれるという特徴があります。

生活費はもちろん、他の借金の返済のため所謂おまとめローンとしても使える融資です。

年金担保融資年金受給者ならブラックでも250万円まで借りれる

生活保護受給者でも借りれる裏ワザ

どうしても生活保護を受けている人が消費者金融から借りなければならない事情の場合があっても、生活保護費からの借金返済は認められていませんので、生活保護受給中に借金をすると詐欺罪になりますし、借金がバレると生活保護の受給停止になる場合がありますので、借り入れは自己責任でお願いします。

生活保護をまだ申請していない方には、生活保護を受給しやすくなるコツもあります。

生活保護受給者でも借りれる生活保護受給者でも借りれる裏ワザ

どこにも借りれない場合の裏ワザ

このサイトを利用しても、他のサイトを利用しても全く何処にも借りれなかったという方、本当に手を尽くしましたか?本当は借りずに済むんじゃないですか?

治験に参加してみるのも方法の一つだと思います。治験はボランティアという扱いですが、高収入を得ることだってできるんです。

絶対借りれるどこにも借りれない場合の裏ワザ

最後に

「延滞事故」は非常にネガティブな情報となりますので、絶対に避けるべきです。やむを得ない場合でも、信用情報にそのような記録を残さない為、取引している消費者金融会社に相談のうえ、「毎月の指定金額に足りない金額でも、期日に遅れずに利息以上支払う」ことが望ましいです。