2倍以上総量規制オーバーの借入れをする裏ワザ



総量規制によって返せるのに借りれないという方も大勢いることでしょう。

消費者金融側も貸したいのに総量規制によって貸せないという問題に悩まされています。

総量規制というのは、消費者金融などの貸金業法でのことですので、銀行のカードローンやおまとめローンについては、貸金業法ではなく、銀行法に基づく融資となるので、総量規制にある総収入の3分の1ということを気にする必要がないのです。

但し、銀行のカードローンも自主規制により、総量規制に準じた審査を始めました。

とっても大事な注意事項

総量規制対象外の融資をしているに、アコムやプロミス、アイフルと言った大手消費者金融を紹介されても鵜呑みにしてはいけません。

大手を含む消費者金融は絶対に総量規制を上回った融資はしません。

例え『おまとめローン』といっても、総量規制を超えて融資をすることはできません。

クレジットカードのキャッシング枠は、使っていなくても、枠があるだけで借りているとみなされます。

現状では総量規制になるくらいまで消費者金融で借入したとしても、銀行に行って申込を行えば、銀行で借入することができるのです。

消費者金融側はこの銀行法を羨ましく思っていることも確かです。




総量規制以上の借入れをする裏ワザ

改正貸金業規制法では、多重債務者を未然に防ぐという理由から年収の3分の1を超える借入は原則できません。

もちろん属性さえ良ければ(公務員や上場企業、もしくはそれに準ずる企業の正社員などであれば)銀行法で運営している銀行のカードローンなどで年収の3分の1以上の借入をしたり、借入枠を持つことはできます。

しかし、どれだけ属性が良くて現在年収の3分の1以上の借入ができているとしても、現状から追加で融資枠を確保するのは困難という方が殆どではないかと思います。

総量規制の対象になる融資ならない融資

簡単にいうと、銀行から以外の融資は全て総量規制の対象です。

最初に注意事項として書きましたが、クレジットカードのキャッシング枠は、使っていなくても借りていると判断されています。

総量規制対象外

ざっくり言うと、住宅ローンや自動車ローン(マイカーローン)のように、何か担保(質権設定されている)になっているような融資です。

個人向けとしては、病院で手術費用が必要などで人道的に必要なときは総量規制の例外ということで、新たな融資を受けることができます。

属性が良い場合

属性とは、金融機関が判断材料にする、勤務先や勤務年数、住まいの環境(賃貸・家族所有・自己所有・社宅など)や他社での借入件数、借入金額や家族のことです。

今回は属性が良く、既に年収の3分の1以上の借入をしている方を含め、総量規制以上の借入をする方法をご紹介します。

結論から言いますと、『楽天銀行のスーパーローンカード』を、借換え目的のおまとめローンで申込むというものです。




既に楽天銀行のスーパーローンカードを所持している方は、次章の『本物の裏ワザ』に進んで下さい。

通常銀行の『借換え融資』や『おまとめ融資』では、融資実行に際し、顧客に借換えするための資金を渡することはなく、現在の借入れ先に直接振込返済をします。

しかし楽天銀行のスーパーローンでは借換え用の資金を直接顧客に融資し『借入れ先に返済して解約証明書を取り寄せて、郵送かFAXで送って下さい。』という対応を取っています。

もうお分かりかと思いますが、楽天銀行の対応を利用すれば年収の3分の1以上の借入ができるという訳です。

例えば年収300万円で現在100万円の借入がある方が、スーパーローンを借換え目的で申込み、審査が無事通った場合、本来借換えに使うはずの100万円を、借入れ先に返済しなければ200万円の借入ができるという訳です。

また、属性の良い方が年収600万円で、現在300万円の借入がある場合、この方法を使えば年収と同額の借入ができるということです。

ちなみに当り前ですが、後日楽天銀行から『解約証明書がまだ届いてませんがどうされましたか?』と連絡がきます。

そこでは『すみません、急な入用があって数日だけのつもりで他の件に流用したら予定が狂ってしまいまして・・・』と言ってかわします。

楽天銀行からは約束が違うとういことでペナルティとして、適用利率がスーパーローンの最高利率である14.5%に変更されてしまいますが、返済を滞りなくしていれば特に個人信用情報に傷がつくことはありません。

もちろん信用情報をあげれば年収の3分の1を遥かに超える借入残があることは分かりますので、その後新たにクレジットカードやその他ローン契約を締結するのは非常に難しくなりますし、多額な借金は返済が困難になることが予想されます。

※実行は自己責任でお願いします。

総量規制以上の借入れをする裏ワザ(高等編)

 

銀行以外での借入れは、給料明細の提出で良いわけですから、残業を多めにし収入を増やすという方法で年収アップすれば良いのです。

さらに副業まで年収に考慮してくれる消費者金融もあります。副業分は手書きOKというところも。

ましては消費者金融の審査担当者はそのような助言はできないのですから、申込者本人が勝手にしてくれることは大変ありがたいことなのです。

本物の裏ワザ

①副業、アルバイトで年収を増やす

別な収入があることを証明できればサラ金は借りれます。

本業の収入プラス副業の収入の合算で年収とみなします。

②マイカーローンでオーバーローンを組む

通常銀行のマイカーローンは、自動車販売会社に直接振り込まれますが、探せばあなたに手渡ししてくれるところもあります。

③自営業者・個人事業主になる

何かしら自営業っぽい副業があれば良いし、yahooオークションや今流行りのメルカリ、minne等での売上をサラ金に証明しても良いです。

借りる際に、借入計画書に記入するだけです。




③不動産担保融資を受ける

自分か担保提供してもらえる不動産があればの話ですが、不動産担保融資は総量規制対象外です。

マイホームが欲しいと思っている人でも、オーバーローンという手があります。

ブラックでも通る住宅ローンがあります。

ブラックでも借りれる不動産担保ローン

2017.02.05

最後に

総量規制によって、借りられないからといっても、先ほど述べたように、例外や対象外になるもの、銀行からのものについては、総量規制と関係なく、借りられるということを覚えておきましょう。

ただ、総量規制の例外や対象外であっても、無制限に融資を受けられるというわけではありません。

ある程度の基準などがあったりしますので、基準などに関しては、事前に確認をしておくことが必要になります。

総量規制の対象外や例外によって、借りられたお金については、借りたところと相談をおこなって、返済の計画を立てて、返済を行うようにしましょう。

もちろん、これまでに借りた分もありますので、返済はきつくなることもありますが、総量規制によって、もう借りられないということはないということはありません。

銀行の場合については、銀行法に基づいて融資を行っているので、銀行から借りられる金額も違います。

そして、貸金業法の総量規制によって、借りられるお金が制限されるわけでもありませんので、消費者金融でお金が借りられなくなったら、銀行に行くといいということをよく聞くわけなのです。銀行である程度借りておいて、消費者金融の分を完済して、それから銀行で借りたお金を返済する形も少なからず多いと思います。

総量規制でお金をこれ以上借りられないという時は、人道的な面、事業に関する資金であれば消費者金融でも借りられますが、それ以外の場合は銀行のカードローンを利用することで総量規制によって、融資を受けられる金額が制限されることはありませんので、総量規制で借りられないという方はこれを読んで、参考にしてみてください。