総量規制オーバーになっていても年収の3分の1以上に借りれる裏ワザ

総量規制以上に借りる

クレジットカードのキャッシング枠を使って総量規制以上に借りたいと思っても、貸金業者からの借入の総額が総量規制を超えた時点で、クレジットカード会社は、総量規制監視システムによってキャッシング枠を自動的に停止します。

ここでは、総量規制以上に借りたい場合のちょっとした裏技を紹介します。

総量規制オーバーになっていても総量規制以上に借りたい時の裏ワザ

総量規制

総量規制以上に借りたい時の裏ワザとして、クレジットカードを持っているなら、ショッピング枠の現金化という手がありますが、ショッピングのリボ払い、分割払い、ボーナス払いには、別途「割賦販売法」が適用されますので、クレジットカードのショッピング枠の現金化も総量規制から外れます。

大手消費者金融でも総量規制以上の融資はしない

総量規制対象外の融資をしている消費者金融に、アコムやプロミス、アイフルと言った大手消費者金融が総量規制以上借りれると紹介されても鵜呑みにしてはいけません。

大手であっても中小のセントラルであっても、消費者金融やクレジットカード会社は、絶対に総量規制を上回った融資はしません

但し、総量規制は、消費者金融やクレジットカード会社などの貸金業者に対する貸金業法ですので、銀行のカードローンに関しては貸金業法ではなく銀行法に基づく融資になります。ですので総量規制にある年収の3分の1は気にする必要がないのです。

総量規制対象外の融資で代表的な貸付は以下の通りです。

  • 住宅購入費(住宅ローン)
  • 自動車購入費(自動車ローン)
  • 緊急の医療費
  • 個人事業主に対する事業費
  • 段階的に債務を減らす借り換え(おまとめローン)

ざっくり言うと、住宅ローンや自動車ローン(マイカーローン)のように、何か担保(質権設定されている)になっているような融資です。

個人向けとしては、病院で手術費用が必要などで人道的に必要なときは総量規制の例外ということで、新たな融資を受けることができます。

総量規制以上に借りれるには属性次第

銀行での総量規制オーバー分の借入は属性次第です。属性とは、金融機関が判断材料にする、勤務先や勤務年数、住まいの環境(賃貸・家族所有・自己所有・社宅など)や他社での借入件数、借入金額や家族のことです。

属性による判断基準を表にしました

年齢25~35歳の若い世代は比較的審査にプラス材料となります。
勤務先上場会社や有名企業、公務員は安定という面でプラスです。
勤務先に公式サイトがない場合の評価は下がります。
雇用形態正社員

契約社員

派遣社員

アルバイト、パート

自営業
の順で審査基準が厳しくなっていきます。
勤続年数勤務年数は長いほど審査に有利で、1年以上が望ましいです。
収入収入は高いより安定性の方が重要です。
家庭環境独身より既婚のほうが審査には有利です。
独身であれば実家暮らしのほうが、夜逃げのリスクが低いと考えます。
居住環境持ち家が最も高評価となります。
賃貸の場合、身の丈に合った家賃で居住年数が長い方がいいです。
利用実績延滞の記録が無く、他社利用実績が長いと顧客にしたいと考えます。
借入状況借入件数と借入総額は少ないほど審査には有利です。

総量規制の2倍以上に借りれる裏ワザ

総量規制の2倍

総量規制の2倍以上の借入れができる裏ワザの結論から言いますと、銀行のカードローンを「借換え目的のおまとめローンで申込む」というものです。

通常の『借換え融資』や『おまとめ融資』では、融資実行に際し、借換えするための資金を顧客に直接渡すことはなく、銀行は、顧客が借りている金融機関の指定口座に直接振込で返済をします

総量規制というのは消費者金融などの貸金業法でのことですので、銀行のカードローンやおまとめローンについては、貸金業法ではなく、銀行法に基づく融資となるので、総量規制にある総収入の3分の1ということを気にする必要がないのです。

楽天銀行スーパーローンで総量規制以上に借りれる方法

楽天銀行のスーパーローンでは借換え用の資金を直接顧客に融資し『借入れ先に返済して解約証明書を取り寄せて、郵送かFAXで送って下さい。』という対応を取っています。

もうお分かりかと思いますが、楽天銀行の対応を利用すれば年収の3分の1以上の借入ができるという訳です。例えば年収600万円で現在200万円の借入がある方が、スーパーローンを借換え目的で申込み、審査が無事通った場合、本来借換えに使うはずの200万円を、借入れ先に返済しなければ400万円の借入ができるという訳です。

また、属性の良い方が年収600万円で、現在300万円の借入がある場合、この方法を使えば年収と同額の借入ができるということです。ちなみに当り前ですが、後日楽天銀行から『解約証明書がまだ届いてませんがどうされましたか?』と連絡がきます。そこでは『すみません、急な入用があって数日だけのつもりで他の件に流用したら予定が狂ってしまいまして・・・』と言ってかわします。

楽天銀行からは約束が違うとういことでペナルティとして、適用利率がスーパーローンの最高利率である14.5%に変更されてしまいますが、返済を滞りなくしていれば特に個人信用情報に傷がつくことはありません。

もちろん信用情報をあげれば年収の3分の1を遥かに超える借入残があることは分かりますので、その後新たにクレカやローン契約を締結するのは非常に難しくなりますし、多額な借金は返済が困難になることが予想されます。※実行は自己責任でお願いします。

総量規制対象外の奨学金を360万円借りれる方法

総量規制対象外の奨学金は、一括で300万円以上借りれるというわけではないですが、勉強しながら合計360万円借りれる方法なので、勉強もでき借金の返済もできるという一石二鳥の方法です。

日本学生支援機構では、奨学金として総量規制に関係なく1ヶ月最大15万円貸し付けしているので、これを利用することで2年間に360万円ほど借りることができます。2年間で360万円?と思われるかもしれませんが、毎月の借金の返済分にはなります。

日本学生支援機構からの奨学金を受けるには、当然大学に入学する必要がありますが、普通に4年生大学に入ったとしたら何のメリットもありませんので、放送大学大学院修士全科履修生の第二種奨学生を受験します。

まず、日本学生支援機構に奨学金の申請をし、放送大学の修士課程のもっとも簡単なコースの入学試験を受けて無事合格したら学費を納入します。第二種奨学金申請金額は最大の月15万円×24ヶか月です。

放送大学大学院の学費は、2年間で46万円ですので、学費を納入して履修し続ければ24か月で360万円借りれることになります。学費を差し引いても300万円以上の資金を借りられる計算になります。

消費者金融から総量規制オーバーで借りるためのアドバイス

アドバイス

銀行以外での借入れは、給料明細の提出で良いわけですから、残業を多めにし収入を増やすという方法で年収アップすれば、これまでの総量規制をオーバーして借りれます。さらに副業まで年収に考慮してくれる消費者金融もあります。副業分は手書きOKというところも。ましては消費者金融の審査担当者はそのような助言はできないのですから、申込者本人が勝手にしてくれることは大変ありがたいことなのです。

何かしら自営業っぽい副業があれば良いし、yahooオークションや今流行りのメルカリ、minne等での売上を消費者金融に証明しても良いです。

checkサラリーマンが個人事業主として認められる方法

総量規制オーバー分の書類があれば借りれる

  • 副業、アルバイトで年収を増やす
  • マイカーローンでオーバーローンを組む
  • 不動産担保融資を受ける

本業とは別な収入があることを証明できればサラ金は借りれます。本業の収入プラス副業やアルバイトの収入を合算することで年収とみなします。何らかの理由で副業の給料明細等がもらえない場合、手書きよりエクセルとかで作る方が良いです。

通常銀行のマイカーローンは、自動車販売会社に直接振り込まれますが、探せばあなたに手渡ししてくれるところもあります。

自分か担保提供してもらえる不動産があればの話ですが、不動産担保融資は総量規制対象外です。マイホームが欲しいと思っている人なら、オーバーローンという手があります。ブラックでも通る住宅ローンがあります。

総量規制の対象外や例外によって、借りれたお金については、借りたところと相談をおこなって、返済の計画を立てて、返済を行うようにしましょう。もちろん、これまでに借りた分もありますので、返済はきつくなることもありますが、総量規制によって、もう借りれないということはありません。

サラリーマンでも個人事業主資格を受ければ総量規制以上に借りれる

個人事業主やフリーランスでも、総量規制の対象外にあたるビジネスローンが借りることができるようになります。残念ながら、会社員や無職の場合は借りることはできませんが、新規開業でも借りれる消費者金融系ビジネスローンがあります。

自営業者は借りる際に、借入計画書に記入するだけです。

確定申告をしている必要がある場合がありますので、できる限り赤字でも構わないので確定申告はしておいたほうが無難です。

総量規制以上に借りて首が回らなくなるなら債務整理をする

弁護士に債務整理を相談

総量規制以上に借りてしまって返せなくなるより、債務整理するという決心も必要になって来るかもしれません。専門家に相談してどのくらいの利息を支払っているのかを確認し、利息を止めてもらうことが出来るのが債務整理です。

任意整理は、借金を減額させるために相談した弁護士と債権者(金融会社)が和解をして利息を止める法的な手続きになります。任意整理を行うことで、今までに借り入れしていた金額の利息をとめることが出来、任意整理後の毎月の支払金額も、支払い総額も減額されます。

任意整理や個人再生を行う人の多くは、自己破産することによって「業者に迷惑を掛けたくない。」と思っている人が多く、いくら毎月の返済額が減ったからといって、生活が楽になることは滅多にありません

自己破産なら、もう1円も返済しなくて良いのですから、少しは毎月の生活も楽になります。自己破産は、一定の財産を処分して借金の返済の一部を返済することによって、全ての借金の返済が免除される手続きですが、目立った財産が無い人は、財産の処分はされず、殆どの人が当てはまります。

どのように返済をしたら良いのかわからず返済が滞ってしまう方には債務整理をおすすめします。

まとめ

総量規制によって、借りたいのに借りれないからといっても、先ほど述べたように、例外や対象外になるもの、銀行からのものについては、総量規制と関係なしで借りれるということを覚えておきましょう。ただ、総量規制の例外や対象外であっても、無制限に融資を受けられるというわけではありません。ある程度の基準などがあったりしますので、基準などに関しては、事前に確認をしておくことが必要になります。

銀行の場合については、銀行法に基づいて融資を行っているので、銀行から借りられる金額も違います。そして、貸金業法の総量規制によって、借りられるお金が制限されるわけでもありませんので、消費者金融でお金が借りられなくなったら、銀行に行くといいということをよく聞くわけなのです。

タイトルとURLをコピーしました