ブラックでも借りれる確率の高い日に借りる裏ワザ



消費者金融や銀行の金融業者は、申し込む時期やタイミングによって審査基準が変わって借りやすい日や月があります。

どの消費者金融もお金を回転させて利益を生まなければならないからです。

逆に落ちやすい日もありますので、注意が必要です。

申し込みブラックになりやすい人は、審査に落ちやすい日や曜日に申し込んでいる可能性がありますので、そうならないためにも是非ご一読下さい。

審査に通りやすい日というのは、増額させるタイミングでもあります。

ブラックが審査に通って一番借りやすい日

ズバリ、毎月の月初めの水曜日の午前中が狙い目で、月なら2月と6月と12月!

消費者金融や銀行にお金が余っている時を狙うのが一番、審査通過率が高く、高額決定される可能性が高いのです。

消費者金融や銀行にお金が余っている=借りてくれる人がいない

ということは、少々無理してでも貸したいのです。



審査に通りやすい理由

月の初めは前月末までの返済金でお金が余っている状態であり、月曜から火曜日は金曜日の夜から月曜日までの申し込みに対しての処理に追われているので真剣に審査できずちょっとしたことで否決されます。

落ち着く水曜日の午前中なら少々の融通を利かそうとします。2月は月の日数が少ないため新規獲得ノルマ達成がしにくいからで、6月と12月はボーナスでの一括返済が多く、お金が余っているからです。

現在借りている消費者金融で増額しやすい日

現在借りている消費者金融で増額や新規申し込みで少しでも多めに借りたい場合、申込むなら毎月の月半ばで、月なら1月と7月!

月の半ばというのは比較的新規申し込みが少なく、1月と7月は前月からの繰越金があるからです。



基本的に消費者金融は盆休みや正月前などの大型連休前も、どこの支店も実績作りに励んでいますので、比較的に借りやすいかもしれません。ちょっとお金を借りたいけど審査が通るか自信がないという人はこれらの時期を狙ってみるのもいいと思いますよ。

審査に落ちやすい日

審査に落ちやすい日は、意外にも25日から月末という一般的な給料日後です。

27日の銀行引落しに残高が足りないというような人が、25日から月末に申し込みが集中するので、審査に自信のない方は、できるだけ避けた方がいいと思います。

あと曜日で言うなら月曜日は新規や増額のの申込みは避けた方が無難です。

休業日の土日に恐ろしいほどの申し込み件数が月曜日に処理されます。

金曜日に返済できなかった人に追い込みの電話をするのが月曜日ですね。

ただし、あなたがどこで借入をするか、という事にもよります。

最近は、何で借りれないのか分からないという若い人達が増えてきました。

それは、携帯電話の料金を遅れながら支払っているのが原因の一つにあげられます。

最後に

自分はどの程度のカードローン会社に申し込めば審査に通るのか等々、それがわかれば、いつどこで申し込めば審査に通るとか、どこなら審査に落ちるなどが見えてきますよ。カードローンを商品として取り扱っている会社も商売です。

顧客がいなければ収益は上がりません。ですから、顧客がどうしても欲しいはずですよね。それを考えていくと消費者側からカードローン会社の審査が緩くなる瞬間が見えるのではないかと思うのです。

ここで問題なのは、審査に通りやすい顧客ばかりを獲得したい業者なのか、少々難があってもその消費者の方たちも顧客として獲得しないのかということです。もちろん、自分がどのカードローン会社にも獲得したいと思わせる顧客になることも大切です。

しかし、今はそんなこと言ってられないという人がほとんどです。今審査に通過しやすい時期がある会社も今後調査し、書いていきます。

数字がほしいということは、普段審査に落とすような人でも数字ほしさにお金を貸すなんてことも十分考えられます。審査しているのはあくまで感情をもった人間ですから。