専業主婦や無職でも借りれる3つの裏ワザ



専業主婦や無職でも借りれる裏ワザがあります。失業中や無職には貸してはいけないという法律はありませんので、失業中とか無職だから借りれないということはないのです。

消費者金融等の金融会社は、返済能力があるかないかで貸すか貸さないか決めるのです。

消費者金融の本音

消費者金融は銀行と違って総量規制で収入の3分の1以上の貸付けができないので、無職という申告をされれば、貸付可能金額は年収の3分の1が0円と判断します。

消費者金融側の本音からすれば、『手書きの収入証明でも良いから提出して欲しい』と思っているのです。

しかし、貸金業者側からは言えないのです。それは、返済能力がないと分かって貸したということになるからです。でも新規貸付は増やしたいのです。




専業主婦や無職でも借りれる3つの裏ワザ

専業主婦の人には申し訳ないのですが、金融機関全てで専業主婦=収入が無い(無職)と判断されています。

急にリストラ等で失業して無職になってしまっても、最低利息だけは返済しておきましょう。最低利息だけ返済しておけば、信用情報の上では延滞という情報にはなりません。

収入の無い専業主婦がお金を借りる場合、消費者金融よりも銀行カードローンの方が『主婦OK!』としている場合があり、消費者金融は『配偶者の同意』があれば借りることができます。

消費者金融系は、本人に収入がないと申し込みができないところがほとんどですね。

ただし配偶者の同意があれば、借りれるようになってきました。

でも専業主婦にとって、この配偶者の同意というのがネックなんですよね。

配偶者の同意なしで借りれる方法

インターネットから消費者金融のサイトを見ると、『主婦の方もOK!』とか書いてありますけど、いざ借りるとなると絶対に配偶者の同意を求められます。

ここから先の実行は自己責任でお願いします。

インターネット申込みをすると、配偶者の同意書をダウンロードできます。

電話とかだと郵送ですかね。

配偶者の同意書は、自分または気の知れた人に書いてもらえば良いのです。

印鑑も変えて下さいね。

できればご主人の連絡先電話番号も変えた方が良いです。

ご主人に確認することはまずありませんが、念のためです。

消費者金融側も黙認している状態です。



配偶者の同意さえあれば借りれる消費者金融です。

専業主婦や無職でも借りれる裏ワザ1

①銀行のカードローンを利用する

普通になら総量規制対象外である銀行のカードローンを利用します。

②パートやアルバイトをする

パートやアルバイトをして働くのが一番借りれる方法っていうのは誰でもが分かるかと思います。

③メルカリ、minne等でハンドメイド作品を売って収入を得る

メルカリやminneと言ったアプリはご存知でしょう。

④自営業になる

内職でも自営業扱いにして雇ってくれる会社もあります。

在籍確認も個人事業主ということであれば、携帯電話でもOKという消費者金融は、いくらでもありますし、自宅に固定電話があれば、それを会社にすれば何も問題ありません。

注意:内職詐欺という内職させる代わりに事務手数料とかいう名目でお金を取る詐欺が横行していますので注意して下さい。

メルカリやminne、yahooオークション等で売り上がったら立派な自営業者です。

これを自営業者向け(総量規制対象外)融資として貸しているサラ金もあります。

『借入計画書』を記入する作業がありますので、どんなことを書けば良いのか事前に考えておいた方が良いですね。

また、事業目的の場合については、消費者金融でも総量規制の対象外に相当するということで、事業で使うのであれば、用途を明確にして、証明書などを提出することによって融資を受けることができます。

専業主婦や無職でも借りれる裏ワザ2

現在雇用保険支給対象者である、または現在支給されているなら、思い切って本当に独立してみることです。

雇用保険を受給していない方は⇒超ブラックでも10万円まで借りれる裏ワザにもっと簡単な方法があります。

開業資金の調達は、銀行や消費者金融のビジネスローンもありますし、日本政策金融公庫の創業支援を利用することもできます。そうすれば、無職からの脱却と資金が手に入ると一石二鳥です。

さらに独立開業すればもらえる助成金があります。助成金は返す必要はないのです。

収入が無いなら稼ぐという方法が一番手っ取り早いです。

治験で40万円以上稼ぐ

専業主婦や無職でも借りれる裏ワザ3

緊急小口資金貸付という生活費等のお金にに困った時に利用できる便利な制度があります。無利子で10万円まで借りることができます。



対象者にとってはかなりお得な生活補助サービスなのですが、当然ながら誰でも借りれるわけではありません。
お金が足りなくて困窮している世帯が自立できるようにサポートする支援制度が社会福祉協議会で生活福祉資金貸付制度として運用されています。

下記に当てはまらない人は⇒生活保護が受給しやすくなる8つの裏ワザを読んで下さい。

1.一時的に生活費に困窮した理由が下記の「貸付対象理由」に該当すること
2.医療費または介護費を支払ったことなどにより臨時の生活費が必要
3.給与などの盗難または紛失によって生活費が必要なとき(貸付限度額5万円)
4.火災等の被災によって生活費が必要
5.年金、保険、公的給付等の支給開始までに必要な生活費
6.会社からの解雇、休業等による収入減
7.滞納していた税金、国民健康保険料、年金保険料、公共料金を支払ったことによる支出増
8.事故等により損害を受けた場合による支出増
9.社会福祉施設等からの退出に伴う賃貸住宅の入居に伴う敷金、礼金等の支払いによる支出増
10.初回給与支給までの生活費が必要

上記に当てはまる場合には借りれる可能性がありますので、延滞中でも10万円まで借りれる裏ワザにもっと詳しく書いていますので、これを読んで参考にしてみて下さい。