自己破産後に借りたい場合の注意点



自己破産して直ぐであったり、何年かしてお金が急に必要になる場合があります。

毎月貯金をしていれば良いのですが、中々そういう訳いかない場合が殆どです。

自己破産後にお金を借りるのは、難しいようで簡単です。

自己破産や債務整理後の審査を受け付けている金融会社を選べば良いのですから。

このサイトでは自己破産とは何かという説明は極力省き、自己破産した後の方が抱える、借りれない問題を解決していきます

自己破産が自分の借金でということもあれば、保証人になっていて自己破産ということもあるでしょう。

筆者は自己破産の経験はありませんが、長期の延滞ブラックから最近時効の援用でホワイトになったばかりです。

延滞ブラック中でもクレジットカードは作れたのは、自分でも不思議です。しかしながら、自己破産した方と同じような否決に遭いましたが、上手に立ち回れば、自己破産ブラック⇒ホワイトへと変わっていきます。

借金自体は悪いことではなく、その使い方を気をつけていれば有効に使うことができるのです。そこから再起をしていく事もできます。

自己破産したら借金できない?

自己破産して間もない方のために少しだけ説明しますが、自己破産申立てから免責決定までは、絶対借金できませんし、できたとしても借りてはいけない期間です。
免責決定から1年までの間は、借りれるところは少ないです。少ないですがあります。

この期間の方⇒自己破産から1年以内でも借りれる消費者金融

免責決定から2年くらい経つと、もし他に借入がない場合、かなりの業者が貸してくれるようになります。

この期間の方⇒自己破産して5年以内でも借りれるところ

3年から5年までの方も同じです。

免責決定から5年以上の方は、もうブラックリストにはありませんので、どこでも借りれます。一部を除いては。
この一部とは自己破産の時、債権者一覧表に記入した貸金業者です。合併で社名が変わっている場合もありますので、注意が必要です。
銀行で借りる場合の保証会社にも注意して下さい。


官報を心配する方がいらっしゃいますが、今時官報を取得する貸金業者はありません。銀行からの直接融資だけは気を付けた方が良いです。

念には念を入れて、個人信用情報機関で自分の信用情報を取得して確認してから申し込む方が良いです。

個人信用情報機関からの信用情報の取得方法は⇒CIC・JICC・JBA個人信用情報の開示手続き方法

ブラックOKと言われる業者のメリット・デメリット

ブラックOKと言われている業者を使うということはメリットだけではありませんし、デメリットだけでもありません。

 

メリット

 

デメリット

 

自己破産や債務整理をしたブラックでも借りられる

 

少額(10万円ほど)がほとんど
闇金の可能性がある
金利が高く上限いっぱいがほとんど

自社でブラックOKと宣伝している貸金業者はありません。利用者が評価しているのです。自社でブラックOKと宣伝している貸金業者は闇金ですので、絶対借りてはいけません。

どうしても借りたい方⇒どこにも借りれない場合の裏ワザ

このようにブラックでも借りられるということはそれ相応のリスクというのがあるということです。
本当に気を付けたいは闇金です。他サイトでブラックでも借りれると口コミのように書かれている業者の中にも闇金が混ざっていることがありますので、注意して下さい。
自己破産から喪が明ける前で、ブラックであっても借りられるというメリットは有るにせよ、リスクも高いということはわかっておく必要があります。

次の自己破産しないように使いやすい業者を選ぶ

自己破産していても借りれる消費者金融は、自己破産を経験した方に対し、次の自己破産をしにくいような仕組みを作っている業者でもあります。
たくさんの借入をすることをそもそも薦めていなくて、ちゃんと計画的に借りるように言っています。

そして計画的に借りるために、50万円から収入証明を出さないといけないなど、かなり厳し目に設定しているのです。
ですのでうっかり使いすぎるということもあまり無いように、枠を設定してもらえるでしょう。
返済計画をしないといけないのは借りる側自身ですから、ギャンブルなどに使わないようにしなければなりません。昔はどの消費者金融ももルールが甘くて、誰にでも貸していて、借金まみれになったという人も多かったかもしれません。


しかしそういう過去を持っているからこそ、今はできるだけ自己破産させないように動いているとも言えます。
ブラックでも借りれる貸金業者は、再度の自己破産したくない人に良い業者とも言えるかもしれません。

5年経てば自己破産したかどうかはわからない

実は自己破産から5年以上経過していると、自己破産を過去にしているかどうか、どういう経歴をしてきているかというのは貸金業者には分からないのです。
ただ銀行系の個人信用情報機関であるJBAだけは10年経過で情報は削除されますので、10年はバレます。
自己破産免責決定から10年経てば、完全なホワイトになっていますので、どこからでも借りれるようになるはずです。再度申し上げますが、社内ブラックといものがあって、債権者一覧表に記入したところからは借りれません。
逆に、以前借りていて完済した業者は最初から満額回答するはずです。

自己破産をしても人生終わりではない!

借金まみれになってしまって、多重債務になってしまったら人生終わりというように思う人が多いですが、自己破産で人生のリセットも一つの方法です。
個人的には7割の方が再度借金まみれになっていると思います。貯金をして堅実になった方は1割程度で、2割はいつでも借金をしてもおかしくない状態です。せめて2割のほうに入っていて欲しいです。

まだ自己破産に至っていないという方に言いますが、借金ができなくなるから自己破産しないということだけはしないで下さい。さらに自己破産するなら全ての借金を債権者一覧表に入れて下さい。後で後悔します。7割の中の半分以上の方が一部を債権者一覧表に入れなかったというのが原因です。
自己破産によって全く人生が終了というわけではありません。また一からスタートできるのです。

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です