ブラック対応のアロー


アローに申し込む前に、分かりやすくアローという会社について説明します。

過去に自己破産や債務整理をしていても借りれる消費者金融アローは、愛知県に本社があります。

アローは、過去に自己破産した方や債務整理をした方に融資をしていることを公言しています。

またむしろ、過去に自己破産した方や債務整理をした方いわゆるブラックになってしまった方積極的に集客している傾向もあり、可決率は高いです。

アローで借りようとしている方の事前準備としてお役立てください。

アロー会社概要

アローの会社概要は次の通りです。

アローは愛知県が本社の消費者金融ですが、全国どこに住んでいても銀行振込によって融資を受けることができます。

大手消費者金融であれば当たり前に行っているサービスですが、中小の消費者金融で全国どこでもの口座振込に対応しているところは意外と少ないものです。これはアローの強みの1つでもあります。



  • 正規登録の貸金業者である
  • 対象地区に店舗や提携ATMがあり、借りやすい
  • 対象地区での利用者数が多い
  • 来店での審査及び貸付けをしている
  • ネットでも24時間申し込みができる
住所 愛知県名古屋市中川区高畑2丁目144番地
貸金登録番号 愛知県知事(3)第04195号
協会会員番号 第005786号
融資対象地区 日本全国
特徴 自己破産者の借入れ割合が多い

改正貸金業法施行後は、総量規制の導入によって、それまで中小規模の消費者金融が客層にしていた、「多重債務者」に対して融資が制限され、自己破産や債務整理が多発しました。

アローは、もともと、改正貸金業法施行後の市場を見越したうえで、貸金業の営業を開始したので、当然これらの客層への融資は早い段階から取り組んでいます。

株式会社アロー
来店不要!WEB申込で24時間受付中!




キャンペーン期間は期待大

アローではインターネットキャッシングを開始してからこれまで、不定期ですが、「新規貸出しキャペーン」を実施しています。

アローのキャンペーン期間中は、可決率が大幅に高くなる傾向があります。

キャンペーンが実施されるタイミングは、不定期なので、実施時期は予想することはなかなか出来ませんが、中堅消費者金融の可決率は、しばしば調達資金によって左右される傾向があるので、そのようなタイミングでキャンペーンを張っているのかもしれません。

いずれにしても、アローのキャンペーンの可決率は期待出来ます。



アローの審査

アローの審査は、一次審査、二次審査に分かれており、一次審査は、申込みフォームへの入力内容と指定信用情報機関での借入れ情報の照会での審査で、二次審査は、担当者によるヒアリングを中心とした生活状況の確認となっています。

もちろん、アローに限らず、多くの中堅消費者金融はこのような審査手法を採用している会社が多いのですが、アローでは、比較的、二次審査については時間をかけて行っている様子ですが、非常に高い可決率になっています。

アローの取り扱いローン

アローのフリーローンの詳細は以下の通りです。

融資金額 ~200万円
適用金利 実質年率:15.0%~19.94%
遅延損害金適用利率 実質年率:19.94%
返済方法 残高スライドリボルビング方式or元利均等返済方式
返済期間 最長5年60回(残高スライドリボルビング方式)
最長15年180回(元利均等返済方式)
担保・保証人 原則不要

アローでは、借り換えローンのも取り扱っています。



アローで借りるメリットやデメリット

アローで借りる場合のメリットはあるのか?それともデメリットが多いのかを考えてみます。

メリット
  • 審査が最短45分で完了
  • 債務整理や自己破産を行った人でも利用可能
  • 来店での審査及び貸付けをしている
  • ネットでも24時間申し込みができ、来店せず融資も完了する。
  • 最大限度額が200万円

最短45分で審査結果が分かるというのは非常にスピーディーです。

融資を受けられるかどうかをできるだけ早く知りたいという人にとっては嬉しいですし、他社より多めの金額での融資を受けることができるという情報もあります。

最大で200万円の融資金額というのは、中小の消費者金融では比較的大きめな設定の融資金額ですし、一番のメリットは、自己破産等の債務整理を行った人でも融資可能なことではないでしょうか。

デメリット
  • 適用金利がほぼ上限金利
  • 即日融資が受けられない可能性がある

審査結果は最短即日で分かるものの、審査だけではなく融資まで即日で終わらせてほしいという方には不向きと言えるでしょう。

まとめると、少し高めの金利設定となっていますが、融資を受けられるだけでありがたいという事情の方もいると思います。そうではない方の場合はより金利の低い消費者金融の利用を検討したほうがいいかもしれません。

また、審査が最短45分で完了するからと言って、融資も当日中に受けられない可能性もある点には注意が必要です。

申し込みの手続きを行う際に融資を急いでいる旨を伝えれば、審査が終わった翌日に振込融資を受けることは可能なようですが、即日融資を希望している場合には他の業者を利用するようにしましょう。

sponsored

5 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です