債務整理で支払い中でも借りれる最強の3社

債務整理・任意整理・特定調停・個人再生で和解して返済中でも借りれる正規貸金業者はあります!債務整理や任意整理で返済中でも融資可能な正規金融会社はありますので、決してヤミ金には手を出さないようにしてください。
ヤミ金に手を出せば人生終了です。ヤミ金はもともと法律違反の金利で融資をしているため、取り立てに関しても法律を無視して回収してきます。一度ヤミ金から借りてしまうとヤミ金に個人情報を知られ、自分はもちろん家族・親戚までも怖い目に遭わされます。




債務整理や任意整理で和解して支払い中でもなぜ借りれるのか?
確かに普通に思う疑問だと思います。一度弁護士・司法書士へ債務整理や個人再生を依頼すると信用情報に事故情報(世間でいうブラック情報)が登録され、通常の金融機関ではほぼ審査が通らなく、融資不可となります。



任意整理で支払中でも借りれる消費者金融

少額スタートですが、可決率では群を抜いたフクホーいう大阪市浪速区にある、中堅の消費者金融があります。ブラックには神と呼ばれる消費者金融です。
フクホーは中小消費者金融の中でも「ブラックへの対応力は抜群」です。
新規は少額融資がメインなものの他社では審査に通らない属性にも可決しており、融資率も非常に高くなっています。


エニー

エニーは中小消費者金融の中でも「ブラックへの対応力は抜群」です。
少額融資がメインではあるものの、「1 day ダイレクトローン」は他社では審査に通らない属性でも可決しており、融資率も非常に高いです。
どこからも借りれない方に一押しです!

フクホー詳細⇒キャッシング・ローンのフクホー

任意整理で支払中でも借りれるところは、株式会社セントラルというブラックに重宝されている消費者金融があります。
しかしながら独自審査とはいえ、属性や借入件数等の審査基準が設けられており、「今回はお見送り」となった場合には、次へ申し込んだ時、申込みブラックとして扱われないように注意して下さい。

セントラル詳細⇒パーソナルクレジット【セントラル】

セントラルは、愛媛県松山市にある、1973年創業の老舗正規貸金業者です。申込み方法はインターネット又は自動契約機で行います。
限度額:100万円 融資スピード:14時までに申し込めば、即日融資(審査は最短30分)
他社借入有りや、ブラックでも申込み可能なので、最近急上昇しています。

任意整理中に借りられる理由としてはこれらが大きなポイントになります。当然これ以外にも審査する貸金業者によって細かい基準もあり、勤務内容や居住の安定性、年収は大前提として必要になります。そして何より任意整理中に借入をしないことが一番大事なことです。もう一度本当に必要なお金なのかよく考えてから決断してください。

もし、ご自身で不動産をお持ちか、担保提供してくれる親・兄弟・知人がいるなら⇒コチラ

債務整理で支払中でも借りれる消費者金融は、自己破産して5年以内でも借りれるところでも借りれるところがあります。

債務整理で返済中でも借りれる理由

他社では融資を受けられない

任意整理をすれば借り入れはかなり困難となります。しかし、逆に貸金業者側から考えれば、借りようと思っても借りられない=借り過ぎて返済不能になる恐れが低いと考えるのです。

消費者金融などの貸金業者は不良債権となる道筋の始まりとして、計画的に利用せずに他の貸金業者より数件も借りて返済が厳しくなるのが第一前提としてあります。

しかし任意整理中であれば融資自体難しいことから、これ以上借入件数と借入金額が増えるという不安要素はなくなります。

任意整理した貸金業者への返済は利息が無い

任意整理とは弁護士や司法書士へ依頼し、弁護士等が債権者と交渉して返済計画を立て直すものです。
例えば年率18%で貸金業者から融資を受けていた場合、当然支払したとしても利息がとられます。1万円入金しても元金にすべて充当されるわけではありません。
しかし任意整理で和解した場合、仮に10万円支払うという和解内容であれば1万円×10回で完済になります。
そして毎月の収入からいくらであれば問題なく支払いができるのか計画を立てたうえでの和解となる為、基本的に支払い金額は任意整理前より少なく設定されています。

・上記の理由から任意整理中だとしても支払能力は有と判断する材料になるのです。

再度の任意整理の可能性が低い

現在任意整理中であれば他社から借りられないのと同時に任意整理することになった経緯を自分なりに考え失敗の原因は分かっているはずです。

弁護士等への委任手続きも時間と書類の手間を考えれば、再度の任意整理の可能性は低いと考えます。再度があるとすれば自己破産への道です。

借入可能が自社だけなら優先して返済する

任意整理中で融資可能な正規金融会社はそんなにあるもんではありません。

その為、融資後にまた現金が必要になった場合、借入の相談をするのは必然的に任意整理中に融資を受けた会社になると思います。

追加融資が受けられるかどうかは今までの返済状況が一番の審査ポイントになることから、延滞することなく優先して支払することにつながるのです。

2 comments:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です