申込みブラックが審査に落ちないための3つの方法とは?

そもそも申込みブラックとは何なのでしょう?
申し込みブラックとは、比較的短い期間にいくつものカードローン会社に申し込みを行い、そのせいで属性や総量規制に関係なく審査に通らなくなっている状態のことを指します。
申込ブラックになる基準は、おおむね1ヶ月の間に3社以上の申込みをした場合だと考えられています。
もちろん、その件数が多ければ多いほど審査に通りにくくなります。



申込みブラックについて

短期間での申し込みの件数が多ければ多いほど審査に通りにくくなります。
今ままでカードを持ったことのない人や、延滞をすることなく、きちんと利用していた人でも、申込み過ぎれば申込みブラックになりうるのです。
申込みブラックの始まりは、クレジットカードを申込んだが審査に落ちてしまい、どうしても必要なのですぐに他社を申し込む、そしてまた落ちるを繰り返してしまい、どんどん申込み件数だけが増えてしまうからです。




必要だから通るまで申込むいう行為はあまりにも無謀で、申込んでは断られ、申込んでは断られを繰り返せは繰り返すほど、審査に通らなくなってしまいます。
同時期に3件以上の申し込み履歴があった時点で、大手消費者金融やクレジットカード会社は、スコアリングで落とすという会社がほとんどなので、大手を2件申込んで審査に落ちたら、中堅の消費者金融に申し込んだ方がいいです。

何件申込むと申込みブラック?

一概に何件で申込みブラックになるということはありませんが、大手金融機関の審査基準では「他社申込み2件まで」としているところが多いです。

ここからが大事なのですが、中堅の消費者金融なら申込みブラックと言われる方にも、少しは審査が通る可能性が高いです。
大手であれば、スコアリングで自動的に審査落ちするところ、中堅であれば融通か利きます。

申込みブラックでも借りれる消費者金融5社】を参考にしていただければと思います。

なぜ申込みブラックが審査に落ちるのか?

消費者金融やクレジットカード会社が、個人信用情報機関を照会して沢山の消費者金融やクレジットカード会社に一度に申込みをしている記録があれば、審査担当者は「この申込者は危険なのでは?」「貸し付けても、回収不能になったりしないか?」と怪しむ訳です。「他社への返済に充てられるのではないか」とも変に勘ぐられてしまいます。

申込みをした段階でその申込みの事実が個人信用情報機関に登録されます。
そして、その記録を一括管理しているのが個人信用情報機関。ここにはローンの利用記録などが一定期間登録されるのですが、カードローンやクレジットカード審査では、各金融会社が必ず申し込み者の信用情報をチェックします。

個人信用情報機関に記録される内容には、カードローンやクレジットカード、キャッシングの取引内容だけでなく「申し込んだ記録(申込み履歴)」も含まれます。

ローン、キャッシングの申込みをしただけで、その申込履歴は個人信用情報機関に残っているんです。

もし、あなたが今までにクレジットカードも作ったことも無く、ローンも組んだことも無い、消費者金融でも借りたことも無い、いわゆるクレジットヒストリーが無い状態であったとしても、

情報画面上には『該当なし』と出てきますが、申込み履歴にはこの名前の、この生年月日の、この携帯電話番号で申込みが何月何日何時何分・・・という記録が残っています。

申込履歴が消えるには、申込履歴が登録されてから半年間情報が残るので、ひとつずつ消えていくのを待つしかありません。

信用情報機関名 業 種 申込情報の保存期間
日本信用情報機構(JICC) 消費者金融系 申込日から6ヵ月を超えない期間
株式会社シー・アイ・シー(CIC) 信販系 照会日から6か月間
全国銀行個人信用情報センター(JBA) 銀行系 当該利用日から1年を超えない期間

複数のローンを一度に申し込まないに越したことはないのですが、どうしても申し込みたい場合は1社ずつ審査結果を待つのではなく、同日いっぺんに申し込んでください。

申込を行ってから信用情報機関への申込情報の記載までには、少し時間差があります。

と書いてあるサイトがありますが、それは正しくありません!

成約情報にはタイムラグがありますが、申込み履歴情報は個人信用情報機関へ照会をかければ、即時登録されます。

銀行系のカードローンに申し込んでも、保証会社は大手消費者金融なので、JICCの申込み履歴にも残ります。

審査に落ちないための方法

金融機関では、借入診断といった名称で、事前審査を行っています。

カードローンやキャッシング審査が通るかどうか心配な方は、事前審査を利用することをお勧めします。

㊟事前審査の中には、自分の名前や住所などの個人情報を入力する場合があります。
そのような場合は、信用情報機関に申し込み記録として登録されますので注意が必要です。
ただ、氏名と生年月日を記入しなくても審査できるお試し診断なら、特に問題はありません。

年齢、年収、現在の借入金額だけを入力するだけですから。

関連記事:【申込みブラックにならない2つの裏ワザ

※審査落ちの原因が、申込みブラックではなく、総量規制で引っかかっている場合もありますので、総借入金額が年収の3分の1以下であることを確認して下さい。

関連記事:【総量規制の2倍借入れをする裏ワザ

最後に

☑絶対に同時に複数社申し込まない
☑審査が通らない事(今回お見送り)が確定してから次の申込みをする
☑3社目の審査が落ちたら、その最後の申込履歴が消えるまで6ヶ月間待つ。
以上のことを考えて申込みしなければ、延々と申込履歴が登録されたままなので、いくら申込んでも審査には通りません。

2 comments:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です