ブラックでも借りれる不動産担保ローン

過去に延滞や自己破産、債務整理等の金融トラブルがあっても、現在トラブル中でも借りれる不動産担保融資があります。ブラックでもマイホームを持つチャンスでもあります。お金を借りるときは、融資額が1世帯の総収入の3分の1を超えてはいけないという、総量規制がありますが、借入れた金額が総量規制で決められた金額になってしまった場合でも、例外として借りることができるのが不動産担保融資でもあります。



Contents

ブラックでも借りれる不動産担保融資

ブラックでも借りれる不動産ぽ融資は、担保に入れる不動産があることが前提ですが、担保提供してくれる、親・兄弟・友人・知人がいる場合、自身が不動産を所有している必要はありません。ご自身が新規に不動産を購入する場合にも借りることができます。もちろん他の債務の一本化にも使えます。



日宝の不動産担保融資

やはり色々な不動産担保融資と比べてみましたが、一番ブラックになってしまった方に薦めたいのは、不動産担保ローン、住宅購入ローンを扱って30年以上の日宝です。もちろん全国対応!
一戸建て、マンション、土地、収益物件、別荘、借地権、底地、共有持分、調整区域、再建築不可物件など他では扱えない物件でも担保可能です。

競売中の物件であっても融資可能で、あらゆる過去の金融ブラックや現在進行形の金融ブラックにも対応してくれます。


<日宝が一番の理由

1.住宅や土地の新規購入でも借入可能

銀行の住宅ローンが受けられないブラックでも家を持てる可能性という希望を与えてくれる会社なのです。新築・中古を問わず新たに住宅を購入される方をサポートするローンです。
自己破産をしていても、債務整理をして現在返済中であっても、日宝なら借りれます。

新規購入で不動産を持っていない場合には保証人が必要になります。

返済の目安

金額 5年 10年 20年 30年
500万 ¥92,083 ¥50,623 ¥30,300 ¥23,871
1000万 ¥184,166 ¥101,246 ¥60,599 ¥47,742
3000万 ¥552,496 ¥303,736 ¥181,795 ¥143,225
5000万 ¥920,827 ¥506,226 ¥302,991 ¥238,708
1億 ¥1,841,653 ¥1,012,452 ¥605,981 ¥477,416

(年利4.0%元利均等返済の場合)

必要書類一覧(申し込み時)

土地・建物登記簿謄本 法務局
住宅地図
公図 法務局
地積測量図 法務局
建物図面 法務局
マンションの場合、間取図のあるパンフレット等
販売図面
身分証明書(運転免許証、パスポート、健康保険証等)
収入証明    お勤めの方    源泉徴収表

自営業の方    確定申告書
法人経営者    決算申告書
法人登記簿謄本 法務局
定款(法人経営者の方)

2.全国を対象としている

不動産担保融資の場合、書類上だけで融資額を判断することができないため、営業所近郊しか扱えない会社が多いのですが、日宝は全国どこでも融資可能

3.他で扱えない物件でも担保可能

借地権、底地、共有持分、調整区域、再建築不可物件など他では扱えない物件でも担保可能なのです。一戸建て、マンション、土地、収益物件、別荘等ももちろん担保にできます。

4.銀行がNGでも融資可能

いろいろな事情があって銀行の不動産担保融資が受けられない場合でも相談ができます。

過去に自己破産していても、債務整理で現在返済中であっても、不動産を所有していれば保証人なしで借りることができます。

住宅購入でなくても、使用目的自由のフリーローンとしても使えるので、他のローンのおまとめや、開業資金にも使えます。

不動産担保融資のメリット

不動産担保融資の最大のメリットは、不動産を担保に設定するので融資額が大きいことです。

日宝は50万円~5億円の融資に対応し、実質年率は4.0%~9.9%となります。返済方法は元利均等返済・元金一括返済・元金自由返済を用意しており、いずれも返済期間は1ヶ月~30年までとなります。

融資対象となるのは、安定収入のある自営業者・勤労者です。

ビジネス展開している方はもちろん、これから独立開業を目指すサラリーマンの方も借りることができます。

日宝Q&A

Q.1:地方の不動産でも融資の対象になりますか?

A.1:日宝の業務は日本全国を対象にしているので、融資対象になります。

Q.2:現在、他の金融機関からのローンが残っているのですがそれでも融資は可能ですか?

A.2:他の金融機関のローンが残っていても、所有不動産の評価額とローンの残高の差額に一定の割合があれば可能です。

Q.3:現在、他の金融会社から融資を受けているのですが借換えは可能ですか?

A.3:他の金融機関からの低利での借換えができます。

Q.4:自宅が借地権なのですが融資は可能ですか?

A.4:もちろん可能です。地主さんの承諾を得られないお客様もいらっしゃると思いますが、まずはお電話でお気軽にご相談ください。

Q.5:現在、消費者金融、信販会社等数社から借入れがあるのですが・・・

A.5:消費者金融、信販会社からの多数の借入れがあっても、不動産を所有されているか、保証人がいれば融資可能です。低金利ローンにておまとめされる事をお勧めいたします。

Q.6:現在債務整理中で他社から借入れが多く残っていますが融資は可能ですか?

A.6:不動産を所有されているか、保証人になってくれる方がいれば融資可能です。

Q.7:サラリーマンをやめて、新規に事業をはじめたいのですが。

A.7:事業計画に無理がなければ対象となります。

Q.8:赤字決算になっていますが、運転資金の融資は可能ですか?

A.8:現在は赤字でも将来返済財源が十分確保できる見通しがあれば、融資は可能です。

Q.9:家族と共有で持っている自宅を家族に内密で借入れしたいのですが

A.9:自分の持分のみの場合はもちろん家族に内密での融資も可能です。

Q.10:既に亡くなった家族名義の不動産なのですが融資は可能ですか?

A.10:相続人を特定しその物件を相続すれば、充分可能です。相続の件でわからない事があれば、日宝に相談できます。

Q.11:権利証は預けないといけないのでしょうか?また権利証を紛失した場合又は権利証を持参出来ない場合はどうすればよいのでしょうか?

A.11:権利証は基本的に担保設定後、本人に返します。権利証を紛失された方あるいは持参出来ない方も融資は可能です。

Q.12:私は土地を所有していませんが、父が不動産を所有しており協力すると言ってくれています。融資は可能ですか?

A.12:本人所有でなくても、不動産を所有されている方の保証を受けられれば可能です。

Q.13:不動産を売却中ですが売れるまでの間の融資は可能ですか?

A.13:もちろん可能です。

Q.14:自宅が競売中ですが融資は可能ですか?

A.14:競売中であっても融資可能です。

One comment:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です