審査が不安なブラックでも借りれる裏ワザ

過去に自己破産や債務整理、延滞してしまってブラックになっていても、総量規制で借りれない方でもお金は借りれます!
今どの消費者金融に申し込んでも審査に通らないという悲しい思いをしているのではないでしょうか。短期間に申込み過ぎて申込みブラックになってはいませんか?
しかし、ここにたどり着いた方、あきらめないで下さい!



債務整理していても借りれるところ

支払いをせずに放置しっぱなしなのであれば、信用情報機関には延滞情報が残ったままですから、普通は他の消費者金融の利用は困難だと言えますが、ヤミ金に手を出すことだけは避けて下さい。
せっかくこのサイトにたどり着いたのですから、借りれるところや借りれる裏ワザを見つけ出しましょう。
ヤミ金に手を出す前に、まだ手はあります。自己破産や債務整理または過去に延滞したといってあきらめる必要はないのです。



債務整理後に完済した方

任意整理・個人再生・特定調停・弁護士介入での和解等の債務整理は、完済の日から5年で信用情報登録から債務整理の事実が抹消されます。

ですから、完済日から5年経過していれば、債務整理した業者以外なら貸してくれます。融資を申し込む時、わざわざ以前債務整理したと申告する必要はありません。

債務整理して5年以内の場合、借りれる金融会社は限られてきますが借りれないというわけではありません。

債務整理後の完済1年以内なら相当限られてきますが、完済して他に借りていない場合は審査に通りやすいです。

過払い請求の場合は、過払いがあった場合は完済扱いになるので、過払い請求した業者以外ならどこでも借りれます。

債務整理後完済1年以内でも借りれる裏ワザは⇒コチラ

ご自身かご家族が不動産をお持ちの方⇒コチラ

債務整理して返済中の方

債務整理して現在支払中の場合、完済した方よりもっと借りれる金融会社は限られてきます。しかしながら、全くないわけではありません。

債務整理して支払中でも借りれる裏ワザは⇒コチラ

自己破産していても借りれるところ

『自己破産している人は大手では借りれません。』と言われていたりしますが、自己破産して免責までもらっていれば、借りていた貸金業者は損金処理します。

ですから、その日から5年で信用情報の記録が無くなります。免責確定日からちょうど5年で情報機関から情報は消えて、いわゆるホワイトになっています。

破産手続きにより免責が確定した場合、債権者である消費者金融会社、クレジット会社、銀行等に対して、必ずしも裁判所から通知があるわけではありませんので、情報機関に加盟している債権者である消費者金融会社、クレジット会社、銀行等が、免責の確定を知らず情報を更新していない場合があるようです。情報機関で確認することをおすすめします。

自己破産免責決定から5年以内の方

自己破産の免責決定日から5年で信用情報登録から破産申立て等の事実が抹消されます。ですから、免責決定から1年以内なら確実に信用情報はブラックのままです。しかし、そんなブラックにも手を差し伸べてくれる消費者金融はあるのです。

自己破産して5年以内でも借りれるところは⇒コチラ

ご自身かご家族が不動産をお持ちの方⇒コチラ

自己破産免責決定から5年以上

自己破産の免責決定日から5年で信用情報登録から破産申立て等の事実が抹消されます。

ですから、申立日ではなく免責決定日から5年経過していれば、自己破産時の債権者以外なら貸してくれます。融資を申し込む時、わざわざ以前自己破産したと申告する必要はありませんが、どこにも借りていないホワイト情報になっているため、念を入れてCRINという破産情報が検索できる信用情報を取得する場合があります。自己破産から5年以上どこにも借りていない方は、注意が必要です。

免責決定がまだの方

免責前にお金を借りたいと思っているのは、自己破産の申し立てを弁護士や司法書士に頼んだ方に多いです。弁護士や司法書士に分割払いの契約をして、分割払いが完済されるまで、免責を遅らせるまたは自己破産の申し立てすらしない弁護士や司法書士も存在します。本当は、弁護士費用も破産債権なので、債権者一覧表に入れなければいけないのですが、まさかそんなことをしてくれる弁護士や司法書士はいません。あきらめてください。免責前に借金をすれば、あなたが自己破産後の免責を受けられなく場合があります。貸金業者も馬鹿じゃありません。免責確定までは、破産債権一覧表に入れ込む可能性があるので、貸しません。免責決定まで待ちましょう。免責が確定していれば、貸してくれる消費者金融はあります。

延滞していても借りれるところ

返済を滞納すると電話・郵便・自宅訪問などの取立てを受けるだけでなく、最終的には裁判で訴えられてしまいます。また、それでだけではありません。一定期間以上滞納すると、その情報が信用情報に記録されてしまいます。そのせいで、新規のキャッシング、ローンやクレジットカードの審査に通らなくなってしまうのです。

延滞ブラック情報を消す裏ワザは⇒コチラ

返済期日を守ることは基本中の基本。どうしても間に合いそうにない場合は、事前に業者に相談しましょう。そのほうが印象もずっと良くなりますし、はやく問題を解決できます。

過去に延滞・長期延滞した方

過去に延滞や長期延滞があったとしても、貸金業者にもよりますが、現在の支払い状況次第で(支払い状況が良い)判断されます。しかしながら、大手消費者金融では融資不可となる場合が多いです。消費者金融等の貸金業者が少々のブラックにも目をつむる日があるので、トライしてみて下さい。

審査が不安なブラックでも借り易い日借りにくい日は⇒コチラ

現在でも延滞中の方

「延滞」は消費者金融会社から一番嫌われます。
なぜ延滞情報があると審査に通らないのかというと、自分の所で借りて他の所に返済すると思われるからです。破産・民事再生・債務整理・調停申立をした方でも審査が通りやすい消費者金融会社はありますが、現在、他社で延滞中の方に融資をする正規登録の貸金業者は、まず無いと思われます。

また消費者金融の支払いを3ヶ月以上滞納した場合は、信用情報に「延滞」という事故情報が登録されます。その後、返済して延滞解消しても、信用情報には「延滞解消」という情報が1年間は登録されます。それまでの利息以上の入金をしなければ、延滞解消はしません。残念ながら延滞ブラックになってしまったら、名前を変えるなどしない限りすぐに借りることは難しいでしょう。

延滞、長期延滞中でも、10万円までなら借りることができる裏ワザ!は⇒コチラ

申込みブラックでも借りれるところ

申込みブラックとは

短期間のうちに、いくつもの消費者金融に申し込んでしまうと、借入れ件数、総量規制、属性等に関係なく審査が通らなくなる【申し込みブラック】というブラック扱いになってしまいます。




一昔前はインターネットでの申し込みより、店舗に出向いて(訪問して)審査を受けていたことから【訪問ブラック】と言われていました。
申込みブラックでも借りれる消費者金融5社は⇒コチラ

申込みブラックにならないためには

申込みブラックにならないためには申し込みブラックになる前に、自分の条件に合う消費者金融や銀行カードローンをある程度絞り込んで申し込めば、申し込みブラックになる可能性が低くなります。

申込みブラックにならない裏ワザは⇒コチラ

申込みブラックが審査に落ちないための3つの方法とは?⇒コチラ

総量規制で借りれない方

総量規制とは

総量規制は多重債務者を無くす目的の為、2010年6月18日に貸金業法改正の柱として導入されました。総量規制は貸金業法の中の法律の為、適用されるのは貸金業者のみとなりますが、簡単に言えば銀行以外のノンバンクはすべて貸金業者に該当することから消費者金融・信販会社・クレジットカードのキャッシングすべて年収の3分の1以上の貸付は法律で禁止されることとなりました。 総量規制の除外 除外については住宅ローンや自動車ローンなど契約すること自体で1/3を超えているものに対しての規定で、例外については顧客に一方的に有利となる有利借り換え、段階的に債務を減らす借り換え、緊急の医療費などの緊急性の融資、専業主婦の為の配偶者と併せた年収の3分の1以下の貸付、そして個人事業者に対する貸付など、ほとんどは通常に借り入れを行う際、利用できないものばかりです(段階的に債務を減らす借り換え。これは借り換えが条件になってきます)

総量規制以上に借りたい方

総量規制というのは、消費者金融などの貸金業法でのことですので、銀行のカードローンやおまとめローンについては、貸金業法ではなく、銀行法に基づく融資となるので、総量規制にある総収入の3分の1ということを気にする必要がないのです。総量規制になるくらいまで、消費者金融で借入したとしても、銀行に行って申込を行えば、銀行で借入することができるのです。

総量規制の2倍借入れをする裏ワザは⇒コチラ

総量規制に関係なく持てるクレジットカードとは?⇒コチラ

無職

失業中や無職には貸してはいけないという法律はありませんので、裏ワザを使えば借りれます。消費者金融等の金融会社は、返済能力があるかないかで貸すか貸さないか決めるのです。

無職でも借りれる3つの裏ワザは⇒コチラ

年金受給

障害年金・老齢年金・老齢基礎年金・障害年金・遺族年金受給者ならたとえブラックであっても、年金受取口座のある銀行で250万円まで借りれます。

年金受給者ならブラックでも250万円まで借りれるは⇒コチラ

生活保護受給

どうしても生活保護を受けている人が消費者金融から借りなければならない事情の場合があっても、生活保護費からの借金返済は認められていませんので、生活保護受給中に借金をすると詐欺罪になりますし、借金がバレると生活保護の受給停止になる場合がありますので、借り入れは自己責任でお願いします。

生活保護受給者でも借りれる裏ワザ⇒コチラ

携帯ブラックでもデビットカードで契約できる格安SIM

携帯電話の未納料金があって、携帯ブラックでも契約できる格安SIMがあります。通常携帯電話をネット上で契約するには、クレジットカードが必要ですが、デビットカードでも分割の契約ができる格安SIMのMVNOがあります。

携帯ブラックでも契約可能な3キャリア⇒コチラ

借りれるためのポイント

※他社利用件数は過小申告しない(借入件数は絶対バレます)

※年収を多めに申告しない(給料明細提出時に発覚します。)

※申し込み過ぎない(申し込みの事実は、6ヶ月間情報機関に登録されています)

ブラックリスト入りした人でも救いの手を差し伸べてくれる消費者金融が実はたくさんあります。

本当に手を尽くしましたか?本当は借りずに済むんじゃないですか?

治験ボランティアで高収入を得ることだってできるんです。

全くどうしようもないけど、どうにかしたい方は

どこにも借りれない場合の裏ワザ⇒コチラ

最後に

「延滞事故」は非常にネガティブな情報となりますので、絶対に避けるべきです。
やむを得ない場合でも、信用情報にそのような記録を残さない為、取引している消費者金融会社に相談のうえ、「毎月の指定金額に足りない金額でも、期日に遅れずに利息以上支払う」ことが望ましいです。

このサイトはこんなところを探している人に対応しています!

食べるものを買うお金がなくて困っているや、学校の支払いでお金が必要だったり、生活が苦しくて助けてほしい、生活費と家賃と光熱費の支払いができなくて困っているとか、働き始めたばかりで引っ越し費用代がない方などにも対応しています。

保証人不要で、ブラックリストでも確実に借りられる消費者金融、銀行カードローンでキャッシングしたい
保証人不要で申込みブラックでも確実に借りられる消費者金融、銀行カードローンでキャッシングしたい
保証人不要でブラック主婦でも確実に借りられる消費者金融、銀行カードローンでキャッシングしたい
保証人不要で自己破産ブラックでも確実に借りられる消費者金融、銀行カードローンでキャッシングしたい
保証人不要で延滞、長期延滞ブラックでも確実に借りられる消費者金融、銀行カードローンでキャッシングしたい
保証人不要で債務整理、任意整理ブラックでも確実に借りられる消費者金融、銀行カードローンでキャッシングしたい
生活保護受給者でも確実に借りられる消費者金融、銀行カードローンでキャッシングしたい

・自己破産から1年以内でも借りれる正規貸金金融業者や自己破産から2年以内でも借りれる正規貸金金融業者や自己破産から5年以内でも借りれる正規貸金金融業者も探せます。

・他社借入件数が0件でも借りれる貸金業者や他社借入件数が1件でも借りれる貸金業者から他社借入件数が3件以上の多重債務者でも借りれる貸金業者も探せます。

・専業主婦、パートタイム、アルバイト、生活保護、無職、・風俗嬢、水商売、自営業者、個人事業主、正社員、会社員、 契約社員、派遣社員、タクシー運転手、日雇い労働者でも借りれる消費者金融や銀行カードローンもあります。

・デリヘル嬢、ソープ嬢、キャバクラ嬢、ホストでも借りられる貸してくれる風俗OK消費者金融、サラ金も探せます。

このサイトはこんな悩みも解決できます!

・属性が気になるが借りたい
・ネットで完結できる貸金業者
・現在延滞中でも融資可能な金融業者
・全国どこでも振込み融資で即日対応できる貸金業者
・金融トラブルでブラックになって審査が通らない
・簡単審査で全国振込み即日振込みローン
・事業の資金繰りに困っている
・主婦家計のやりくりでお金が必要
・生活の立て直しはかりたい
・交通事故の示談金の支払いが間に合わない
・無職でも借りれる消費者金融や銀行
・アルバイトでも借りれる銀行